(社)全防啓「ぜんぼうけい」です。犯罪からあなたの生命・身体・財産を守る、防犯啓蒙活動を行なっています。

「防犯」と「警備」は違いますよ

「防犯」と「警備」は違いますよ

一般の方は「警備」と「防犯」を混同している場合が多いので、敢えて触れておきますね。

「防犯の研究をしています」と言うと、「あ~、○○○(警備会社の名前)みたいな仕事ですか?」と反応が返ってきます。

「違うんですよ。防犯と警備はぜーんぜん違うんですよ。それはですね・・・」
と説明する羽目になります。

さて、どこが違うのでしょうか。

警備には、「施設警備」「雑踏警備」「交通誘導」「警護」などがあります。
住宅における警備の導入は「機械による施設警備」であり、何かあれば「通報します」「駆けつけます」というサービスを一般的に警備会社が行っています。

こういうサービスを導入されている、意識の高い大家さんもいることでしょう。

集合住宅においてこのようなサービスを導入して実質的に「防犯」につながるのは、24時間出入りをチェックして、住民の許可やIDがなければ入館できないシステムまでしないと、犯罪の発生を防ぐことはできません。

「防犯」は、「犯罪を予防する」ことですから、そもそも「侵入をさせない」という部分に主眼を置きます。
機械警備のように、「入られたら、通報しますよ」とか、「入られたら、誰かが行きますよ」というものとは大きく異なります。

わかりやすく言うと、防犯は「事前」、機械警備は「事後」ということになります。

コストを長い目で考えると、圧倒的に防犯の方が安いといえます。

防犯をきちんと考えて対策し、その上で、更に「安心感」を得るために、万が一の時には誰かが来てくれるという「機械警備」を導入する。この順番がベターであることを賃貸経営者は知っておいたほうがいいでしょう。

もちろん、入居する方もこの点を知らないので、「警備システムが入っていたら安心だ」と感じますので、入居促進には繋がるかもしれません。

ところが、いざ侵入されてしまうと、結局は退去に繋がることには変わりありません。賃貸経営事業として考えた場合には、そもそも侵入を阻止する方が安ければ、まず考えるべきは防犯であることがわかります。

設備・サービスには「似て非なるもの」がありますので、その本質を見極めた導入をすることも、賢いお金の使い方だと思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional