(社)全防啓「ぜんぼうけい」です。犯罪からあなたの生命・身体・財産を守る、防犯啓蒙活動を行なっています。

ワンドア・ツーロックが基本 ~玄関対策~

ワンドア・ツーロックが基本 ~玄関対策~

玄関対策については、結論から言うと、警察が何十年前から言っている、
「ワンドアツーロック」にして下さい!
につきます。

ちょっと専門的になりますが、いわゆる鍵というものは、種類があります。

ひとつめは、「本締り錠」といって、扉の中から「デットボルト」という金属棒が出て鍵が閉まります。多くの鍵の種類がこれです。

そして、二つ目は、「面付け錠」といって、扉の後ろの面に付いた錠からデットボルトが出て、鍵が閉まります。

なにが違うかわからないかもしれませんが、同じではありません。
「バール破壊」という手口から見ると、面付け錠の方が「強い」のです。

また、他の手口から見ても、「1つより2つ」「2つより3つ」と泥棒の手間がかかるほうが、防犯性は高まります。

泥棒は自分の得意技を持っています。その自分の得意技で開けられないとわかればあなたの物件にはやってこないのです。

もしあなたの物件の鍵がひとつしかなかったとしても、もう一つシリンダー錠を取り付けるだけで、玄関から入る泥棒は「ここは嫌だな~」と思って、避けてくれる可能性が非常に高まります。

このようにツーロックにすることが基本です。

ツーロックにする方法もいくつかあります。ご紹介します。

前述した様に、
〇 単にもうひとつシリンダー錠を追加する場合
これは、一番安く簡単に、そして効果的に防犯性が高まります。
しかし、入居者が2本の鍵を持つ必要(手間)が出てきます。

では、その手間を嫌った場合の対策としては・・・、
〇 追加したシリンダーと元々のシリンダーを1本の鍵で開けられる様にします。

その他には・・・、
〇 現在の鍵に追加して「電子錠」(暗証番号やカードなどを使う)を付ける方法もあります。

暗証番号やカードであれば、鍵をなくしてスペアキーを作る手間などもはぶけます。

「予算」「要望」等に応じて、検討してもらえれば結構です。

一番大切なのは、「防犯意識を持つこと」「まず何かの防犯設備を付けてみること」そして、外部から見て「防犯対策しているよ」とアピールすることです。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional