(社)全防啓「ぜんぼうけい」です。犯罪からあなたの生命・身体・財産を守る、防犯啓蒙活動を行なっています。

埼玉県朝霞市の女子中学生が無事帰還

埼玉県朝霞市の女子中学生が無事帰還

 1年前の3月、約2年間にわたり監禁生活を強いられた埼玉県朝霞市の女子中学生が無事帰還した。誘拐犯が買い物に出かけたすきに逃げだし、駅改札口近くの公衆電話から自宅に電話をかけ、連絡を受けた警察官に保護されたという。

 だからというわけではないが、最近、女子誘拐監禁をテーマにした映画とテレビドラマを立て続けに見た。映画は「ルーム」(写真左)。米国アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演女優賞、脚色賞の4部門でノミネートされ、主演女優賞を受賞した秀作だ。テレビドラマは「ザ・ミッシング~囚われた少女~」(写真右)。こちらも優れた作品で、このウェブサイト(2015年5月の近況雑感)で取り上げた「ザ・ミッシング」の第2弾である。

 これからご覧になる方のためにストーリーには触れないが、犯罪学者の視点から言えることは、両作品ともリアリティ感が圧倒的に高いことだ。この点が、犯罪を扱った日本の映画やテレビドラマとの決定的な違いである。誘拐監禁の問題を真面目に勉強したい人にお勧めの2作品である。


立正大学教授(犯罪社会学)
小宮信夫

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional