(社)全防啓「ぜんぼうけい」です。犯罪からあなたの生命・身体・財産を守る、防犯啓蒙活動を行なっています。

塀は見えた方がいい? ~死角対策~

塀は見えた方がいい? ~死角対策~

泥棒が侵入できる場所は、大きく分けて「扉のある場所」「ガラスのある場所」の2カ所しかありません。
つまり、その2カ所の対策をすることで、安心して入居者が暮らせる建物になりますとお話してきました。

死角対策を考えるときには、

○通行人から見えない。
○胸の高さ位までの遮蔽物がある。

という、つまり「死角」のあるところで、そこに「扉」や「ガラス」があれば、泥棒にとって侵入場所となるわけです。

ということを踏まえて考えると・・・

世の中には、大きな誤解があります。

高い塀のほうが安全だという人が多いのです。
が、そうとばかりは限りません。

戸建て住宅や、マンションの敷地境界線をはっきりさせる「外構」(塀)ですが、これは、「ここからが、私の家ですよ」とはっきりさせて、共有スペースや道路と区別する意味で、重要なものです。

防犯的に見ても、「私の領域だよ」と示す意味で大切です。

だからといって、高いコンクリート塀が必要かというと、そうでもありません。
高いといっても限界があり、2.5m以上の塀を立てれば防犯効果はあるかと思いますが、それ以下なら「越えてしまえば、外から中が見えず」の状態で、泥棒にとって好都合になる可能性も否定できません。
 
つまり、隠れられる場所を自らつくってしまうことが問題なのです。

泥棒は見られることが大嫌いです。人の目が届くところは行きにくいわけです。「死角はできるだけつくらない」ことが基本です。

ですから、最近は極力費用も抑えて、防犯性も高くなるように、フェンスやコンクリートでも「スリット」(隙間)を設けて、中を見えるようにするケースが多いですね。

「死角はできるだけつくらない」という考え方からすると、2階以上のベランダの手摺(てすり)も、ガラス製などにして、完全には見えないけれども、人がいれば道行く人からも確認できるものがオススメなのです。

ところで、フェンスですが、昔のマンションは高くても、クロスのフェンスが多かった記憶があります。
小学生でも、手や足が入って登っていけます。

これが、手や足が入らない幅の「縦目」のフェンスであれば、「登りにくい」という結果が生まれます。そう「縦目」にするだけで登りにくくなるのです。

こうした、ちょっとした工夫で、防犯性は高まります。

外構などの領域対策は、実はかなり難しいのです。

マンションなどの場合、フェンスから入れないようにしても、他の場所から簡単に入れるようでは意味がないですし、敷地が広く、フェンスの部分での防犯対策を考えると、非常にコストがかかります。

こういうおかしな話もあります。

その大家さんはどうしてもオートロックエントランスを設置したかったようで、業者さんに設置してもらったそうです。
ところが、よく話を聴いてみると、敷地はエントランス以外からも誰でも入ることができるのです。
なんのためのオートロックエントランスなのでしょうかね?
最後までわかりませんでした。

業者さんも大家さんが設置しろと言うので、なーんにも考えないで設置したのでしょうね。お金の無駄です。

まあ、笑い話はいいとして、現場のケースバイケースではありますが、基本的には領域(敷地)では守らずに、死角対策を中心に考える。
そしてなによりも「各部屋を守る」ことをオススメします。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional