(社)全防啓「ぜんぼうけい」です。犯罪からあなたの生命・身体・財産を守る、防犯啓蒙活動を行なっています。

意外と知らない電子錠

意外と知らない電子錠

シリンダータイプの錠前を2つ以上設置するだけでも、対侵入窃盗対策としては、十分な効果があります。
もちろん、その錠前の対泥棒性能の問題はありますが、錠前のプロが選択した錠前であれば防犯性能は確保されると考えております。

お奨めはまず「ワンドアツーロック」。更には、「違ったタイプの解錠方法を持つ鍵でツーロック」になります。

泥棒は通常1~2通りの手口を持参して侵入行為を行います。
その時に、まだまだ侵入される手口が報告されていない電子錠をひとつ導入しているだけで、そもそも泥棒が侵入行為を諦める傾向が強いと思われます。
 
それに、
不動産会社社員などによる鍵複製による侵入などのトラブルが防げたり・・・
入居者が自分だけの暗証番号を設定できたり・・・
など高い防犯性を得られます。

また、電子錠は防犯性能を高めるだけではないのです。
大家さんや管理会社の利便性が格段に高まります。

●「暗証番号設定」だけで鍵の業者間の受け渡しがなくなる。

これって便利だと思いませんか?

内見のときに、仲介会社から「鍵を貸してください」と言われて、そのやりとりがたいへんだったりしますよね。時には紛失されたり。

そんなときは、「その部屋は暗証番号○○○○で開きますので、それで内見して下さい」と言えばオシマイです。オートで施錠できる電子錠も多いので、内見後の締め忘れもなくなります。

大家さんだけのマスター暗証番号と管理会社のマスタータッチキーを別々にできる機能がある電子錠もあります。もちろん入居者の暗証番号はまた別です。
これはなにがいいかというと、大家さんが管理会社を変えたいと思った時に、管理会社から鍵を全部返してもらう必要がなくなります。

見た目もアピール性がありますので、入居促進にも役に立ったりします。ある大家さんは、退去も少なくなったとも言っています。

それは、入居者がいったん便利な「鍵を持たなくていい生活」をすると、他に引っ越そうと考えても、また鍵を使う生活はレベルが落ちた感じがして、結局退去しないというところからのようです。

電子錠といってもすべて上記のような機能があるとは限りませんし、機能・価格・アフターサービスの実態なども様々ですが、しっかりと内容を把握した上で、導入を検討されることをオススメします。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional