(社)全防啓「ぜんぼうけい」です。犯罪からあなたの生命・身体・財産を守る、防犯啓蒙活動を行なっています。

空き巣は空振りが多い職業(?)!

空き巣は空振りが多い職業(?)!

一般的な泥棒は、実は空振りが多いのです。

意外に思われるかもしれませんが、侵入したけれど盗るものがなにもなかった、ということが多いのです。

「泥棒は、家を外から見ただけで、お金があるかどうかわかる」。防犯の専門家といわれる人がよく言うことです。

そんなことはありません。

泥棒は超能力者ではありません。入ってみなければ獲物があるかどうかわからないのです。

つまり、ローリターンの仕事なのです。
ローリターンには、ローリスクしか背負えません。

ということは・・・、

ちょっとした対策を的確に行うことで、泥棒被害の確率(泥棒被害による急激な退去の確率も)を減らすことできるといえます。

防犯対策はお金がかかるというのは間違いで、この発想に基づく防犯対策をすることで、新築建物価格の2%前後の支出で、現時点ではほぼ完璧な対策が取れます。
「現時点では」という言い方をするのは、いまの賃貸物件の大部分はほとんど防犯対策が取られていないからです。

泥棒はわざわざ対策のとられた物件にチャレンジしません。全く対策のとられていない物件が「現時点では」山のようにあるからです。
今後、日本のほとんどの物件がある程度の対策でも実施済みになれば、その時点で「更にしっかりした対策」をとればいいのです。


画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional