(社)全防啓「ぜんぼうけい」です。犯罪からあなたの生命・身体・財産を守る、防犯啓蒙活動を行なっています。

設備だけが防犯じゃない!

設備だけが防犯じゃない!

●カメラ付きインターフォンだって諸刃の剣

防犯対策を設備だけのハードに頼るのではなく、できれば「入居者啓蒙とセットで考える」とより有効的です。

カメラ付きインターフォンが最近人気があるのですが、使い方を間違えると反作用を起こす場合があります。

まずは、この設備は空き巣対策ではなく強盗対策であることを認識してもらいたいと思います。

次に、強盗対策であるならば、相手が映っていても安易に玄関を開けないことを入居者が理解して使うことです。
「相手が映っているから安心」という気持ちから、宅配便の格好をした強盗(あるいは強姦魔)に簡単に開けてしまうことがあるのです。

このように、設備(ハード)だけでなく、使い方(ソフト)を入居者に啓蒙することが大事なのです。

扉の内側に「注意事項」を書いた張り紙をして掲出しておく、住民に対して「入居者防犯知識」などの題目でチラシを作成して配布するなど大家さんや管理会社が一体となってできることはあると思います。
紙ペラ一枚でも、注意喚起を促すことを入居者さんにしていれば、防げる犯罪もあることを知って下さい。

具体的には・・・

・「相手を確認してから扉を開ける」
・「宅配便なら、誰から何を送ってきたのか確認してから扉を開ける」
・「まずは、チェーンなどをしたまま扉を開ける」

などが、基本的に大切なことだといえます。

いくら大家さんが防犯性の高い設備を設置しても、扉を自ら開けて侵入されることまで、防止することはできません。
しかし一度発生すると、入居者が怖がって退去するなど、やはり賃貸住宅経営リスクが発生します。

●花壇が防犯対策になる?

犯罪者は「コソコソ」したい生き物です。
悪いことをするのに正々堂々としていることはできないのです。

その心理から言うと、「ゴミ出しの日以外にゴミ出ている」「駐輪場の自転車のかごにほこりをかぶった空き缶などがある」「玄関前に不要品が放置されている」などの物件は、「ここは他人を気にしないところだ。管理されていない」となり狙われやすくなります。

もし契約している管理会社さんが、上記のようなことを放ったらかしにしているようであれば、すぐに変えたほうがいいと思います。
犯罪者に「ここは仕事ができますよ」と言っているようなものだからです。

泥棒対策だけでなく、周囲にゴミや段ボールなど燃えやすい物が放置されている物件には連続放火犯人にターゲットになることもあります。
皆さんの大切な資産、そして入居者の安全を守るためにも、建物管理をもう一度再考して下さい。

ゴミ出しなどは入居者の心がけに頼らざるをえないので、「ルールなのでゴミ出しは守ろう」ではなく「あなたが空き巣被害にあわないために、ゴミ出しは守ろう」といったような「あなたの利益なんですよ」という表現を変えてみるのもひとつの方法です。
人は社会のルールを守ることよりも(そういう人も日本人では意外にいるのですが)、自分の利益を優先させます。

また、余裕があれば「花壇」などを作れば、通行人の目がそこに行くことで、その視線が防犯対策になります。
キレイで、人の目がいきやすい場所。犯罪者が嫌がる環境のできあがりです。
 
簡単に敷地内に入りにくいだけではなく、通行人やご近所さんの「目」を泥棒が嫌がることを知っていただきたいと思います。
 
防犯対策は難しい様にも思いますが、泥棒目線で考えると割りと容易な面もあります。

警察に捕まりたくない泥棒にとって、「通報されるかもしれない」という第三者の目をことさら意識していることは明白です。
 
外国人窃盗団でさえ、周辺に見張りが居たという目撃談が少なくないことから考えても、第三者の目は重要なのです。

もう説明するまでもありませんが、キレイで整理整頓されている物件であれば、入居促進・退去対策にもつながりますよね。いいことづくめです。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional