(社)全防啓「ぜんぼうけい」です。犯罪からあなたの生命・身体・財産を守る、防犯啓蒙活動を行なっています。

防犯遺跡の調査にウズベキスタンに

防犯遺跡の調査にウズベキスタンに

 先月、防犯遺跡の調査にウズベキスタンに行った。古都ヒヴァの街である。この高さから見ると、街全体が城壁に囲まれていることがよく分かる。

 驚いたのは、城壁都市を一望できる観覧車がすぐそばにあるのに、観光客が一人もいなかったことだ。ボクは写真を撮るため4周したが(1周2ドル)、その間に乗ってきたのは地元の親子連れ一組だけだった。しかも、この観覧車、午後に3時間も運転を休止していた(シエスタ?)。何とも商売気のない世界遺産都市である。まっ、そこがいいところなのだが。

 観覧車のゴンドラが最も高い位置に来たときが、シャッターチャンスである。しかし「今だ」と思うと、下降を始めている。ふと人生を連想した。上昇しているときには、頂上ではどんな景色が待っているのか楽しみだが、気がつけば下降している。

 いったいボクのゴンドラは、どの辺を回っているのだろうか――。観覧車に揺られながら、人生を考えた午後のひとときだった。


立正大学教授(犯罪社会学)
小宮信夫

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional